東京のマンション住民たちの心強いプロ集団マンション管理会社

管理会社の業務の例と頼りになる専門性

東京は日本の首都で人口が集中しているだけに特にマンションが多いので、おのずとマンション管理会社も数多くあります。エレベーターや廊下・エントランスや階段などマンションには共用部分が存在しますが、それらの管理を委託され行っているのがマンション管理会社になります。共用部分に不備が見つかれば修繕もしますし、そもそも修繕計画を立案して管理組合を支えます。その他、設備の保守・点検をしたり、掃除やゴミ出しをしたり、総理事会や総会の準備、業者や組合の会合の立ち会いもしますし、大きなマンションだと巡回業務もあります。備品や帳簿の管理・管理費を徴収することもあり責任重大です。また基本的に管理組合は主に住人・所有者の団体であり専門知識は持ち合わせていないことが多いのでプロとしてのアドバイスとしても大変、貴重なものとなり、なくてはならない存在です。

管理会社の形態と管理組合との違い

マンション管理会社が委託される形態は全部委託と一部委託があります。依頼する側が組合であり、請け負う側が管理会社です。一部委託は費用は割安になりますが、そのかわり住民の負担が増えますし、全部委託はマンション管理に関することすべてを任せられますが費用はその分かかります。一部委託の例としては、清掃やゴミ出しは住民である管理組合で交代制・持ち回りで行うけれど、そのほかは管理会社に依頼するといったものがあります。独立系・デベロッパー系ともに東京には様々あるので選ぶ際には口コミやランキングサイトを参考にすることがおススメです。また、その道の専門家もいるので、それらのアドバイスも考慮に入れながら特徴・特色をよく吟味して選ぶことが重要です。

意外なニーズもあり将来性もバッチリ

東京では求人も地方に比べれば盛んですが人生100年時代における高齢者も働ける場としても実はマンション管理会社が近年、脚光を浴びてきているのです。長年の人生経験や人当たりの良さが住人から「話しやすく親しみやすい」と安心感につながっているとか、責任感あるセカンドライフにおいて信頼がおけるなど好評です。また働く方々も健康でさえあれば定年なく働ける現場かつ健康にも良いと喜ばれています。色々な側面からのニーズがあるプロフェッショナル集団の管理会社は、これから、ますます需要がある右肩上がりのとても有望な将来性あふれるこれからの業種でもあります。

記事一覧