マンション管理会社を選ぶ時の比較ポイント

マンション比較会社の特徴や利点とは

マンションを購入し管理していく団体を管理組合と呼んでおり、区分所有法により必ず設けなくてはならないと定められています。管理組合で管理していくことが難しい時に役立つのが、マンション管理会社であり本来組合が行わなくてはならない業務を代行してもらうことが可能です。しかし一口にマンションの管理会社と言っても数多く存在しており、種類もあるので強みや特徴を理解した上でしっかり比較して選ぶ必要があることは間違いありません。

管理の仕方や方式による違いについて

管理の仕方には全部委託と一部委託、そして自主管理の三種類があります。自主管理はその名の通り管理組合による管理であり、管理会社は関係ありません。管理会社を利用する際には、全部委託と市場委託のどちらにするのか決めてから探すようにしましょう。全部委託は管理業務を全て管理会社に任せる具体的な管理業務をすべて管理会社に任せる方法であり、大幅に手間を省くことができるようになります。管理組合の役割としては、業務が滞りなく行われているかチェックしたり決定するかというだけに塗るので負担がかなり軽減することは間違いありません。しかし任せきりになることにより、把握できていない部分が生まれてしまうというリスクもあるので気を付けましょう。一部委託は管理業務の一部だけを委託するスタイルですが、残りの部分を管理組合で行うばかりではなく、他の会社に依頼するかのどちらかになります。直接発注したり交渉をすることになるので全部委託よりも手間がかかりがちですが、金銭面の負担の軽減につながることが多いです。

複数に相談したり見積もりを取って決めることが大切

数多くのマンション管理会社の中からどこを選ぶかで悩むのは当然のことですが、料金や内容など一つとして同じということはないのでしっかり比較してから決めるようにしましょう。比較するためにも複数のマンション管理会社から、見積もりを取ったり相談することが大切になってきます。料金が明確であり本当に必要となるトータル費用を提示してくれるのかという点や、実績が豊富にありスタッフの対応も丁寧で信頼できるのかという点は、必ずチェックしておくようにしましょう。料金が安くても管理がいまいちだったり安心して任せることができない管理会社には依頼するべきではないので、必ず複数に相談して対応の良し悪しをチェックした上で判断することが大切です。

記事一覧